相続税の今昔物語
相続税の今昔物語


1.相続税創設の目的は日露戦争の戦費調達
  

   1904年(明治37年)2月に開戦した日露戦争の膨大な戦費調達のため、同年に第一次増税として非常特別税法により、各種の増税が図られました。しかし、戦局が進むにつれて戦費がさらに必要とされ、1905年(明治38年)には、第二次非常特別税法により、地租や所得税などの税率が再び引き上げられたほか、相続税も通行税とともに創設されました。

当時は長男がすべての財産を一括して相続する「家督相続」が一般的だったので、相続税は故人の遺産に一括して税金をかける「遺産税方式」が採用され、1949年(昭和24年)まで実施されていました。


2.戦後の相続税の変遷

 
戦後になり家制度が廃止されたことにより配偶者や長兄以外の子供や兄弟姉妹なども遺産を受け取れるようになりました。相続税は遺産をもらう人それぞれに課税される「遺産取得税方式」が導入されるようになりました。